コーリンについて

テールランプをお選びにあたって

●テールランプ(後尾灯)の役割

テールランプは後方車両及び人に、自車の車両の作動及び位置を知らせる役割の為のランプで、車両の左右に装着。


1.スモールライトは夜間及びトンネル等で後方及び斜め後方の車両及び人に、自車の車両の位置を知らせる役割で赤色発光。車両の左右に装着。


2.ブレーキライト(ストップライト=制御等)は後方及び斜め後方の車両及び人に、自車の車両の減速や停止を知らせる役割で強い赤色発光。車両の左右に装着。


3.ウインカーライト(方向指示器)は後方及び斜め後方の車両及び人に、自車の車両の方向を変更を知らせる役割で橙色発光の点滅。車両の左右に装着。

4.ハザードライト(緊急告知灯)は後方及び斜め後方の車両及び人に、自車の車両の緊急事態をを知らせる役割で左右ウインカーライトが同時に橙色発光の点滅です。


5.バックライト(後退灯)は後方及び斜め後方の車両及び人に、自車の車両の後退を知らせると共に自車の夜間のバック状態を認識する役割。白色発光で車両の左右に装着又は左側(歩道側)のみ装着も可。


6.バックフォグライト(寒冷地用後退灯)後方及び斜め後方の車両及び人に、濃霧又は降雪の時期に自車の車両の後退を知らせると共に自車のバック状態を認識する役割。赤色発光で、車両の左右に装着又は右側(車道側)のみ装着も可。ブレーキライトと10cmの間隔が必要。


7.後部側方灯(ポジショニングライト)は車両側面の後方に装備し、後方及び斜め後方の車両及び人に、自車の車両の位置を知らせる役割。赤色発光で車両の左右に装着。
幻惑防止として車両前方25m 角度15°の位置において直接光および反射光が前方を照射し、対向車の運転を妨げないこと。


●保安基準適合品(ECE規格)について

ECE基準とは自動車の部品等が国際市場化している今日、世界各国での統一した性能及び品質を基準化してもので、本部を国連内に置く機関であり日本も加盟しております。
純正主体の日本では検査機関が無く、社外品は検査機関のある欧州にて申請・検査・認証を行っております。

それぞれのライトには明るさや発光の基準があり、申請商品を検査の結果、基準に適合した商品には、国際基準のECE規格の認証を得て、ランプ本体にEマーク及び認証番号を表示しております。


●お買上げの際の注意点

1.一部の商品でランプ本体にEマークは表示されていても、認証番号の表示が無い商品がございます。ご購入の際、ECE規格認証番号をご確認ください。


2.Eマーク表示のランプ(純正ランプを含む)を改造された場合は、保安基準適合とは言えません。本来再検査が必要です。


3.水漏れ防止の為装着前のシーリング加工をしない商品をお選びください。シーリング加工が必要な商品は製品的な欠陥と存じます。


4.ランプは機械的な部品やカバー等の合体商品ですので、点灯不良や水漏れ等のクレームが発生する場合もございます。安心できる保証のある商品をお選びください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ